新元号「令和」及び「元年」表記対応プログラム【暫定配信】

2019年5月1日新元号「令和」への改元が行われました。

office2010の更新プログラムにより、事件簿ソフトにおいて新元号を参照することが確認されました。

マイクロソフトにて新元号へのWindows更新プログラム配信が段階的に実施(バージョンにより自動又は手動チェック)されております。

事件簿ソフトでも「令和」表記が行われますが、正確な表記である「令和元年」ではなく「令和1年」または「令和01年」という表記となっております。

そのため、「令和1年」または「令和01年」という表記を「令和元年」と表記する修正プログラムを配布致します。

ご利用中のWindowsへ新元号が実装され次第(Excel等他のofficeソフトにて「令和」表記が確認され次第)、「元年表記対応プログラム」への差替を行って頂きますようお願い致します。

なお、officeソフトにて「令和」表記がなされない場合は、Windows Update の [更新プログラムのチェック] で更新プログラムの適用をお試し下さい。

プログラム差替作業後、書式・ラベルシール出力時のプリンターが「通常使うプリンター」に再設定されます。書式毎にプリンターの個別設定を行っていた場合は再度の設定をお願い致します。

西暦版をご利用中の場合は継続してご利用いただいても構いません。

プログラム差替方法について

プログラムの差替は次の方法により行って下さい。

jikenbo_data.accdbというファイルが事件簿案件データとなります。作業前に物理メディア等へ複製保存を行うことをお勧め致します。

  1. 以下のリンクよりファイルをダウンロードして下さい。
    (ZIPファイル形式でダウンロードされます。任意のフォルダに保存・展開して下さい)

    元年表記対応プログラムダウンロード

  2. 事件簿ソフトがインストールされているフォルダ(初期設定では ¥マイドキュメント¥俺の事件簿V1-2\ )を開いて下さい。ショートカットを右クリックして「ファイルの場所を開く」を押すことで表示できます。

    ファイルの場所

    事件簿ソフトが起動していないことを確認して下さい(起動している場合は終了して下さい。ソフト起動中はAccessファイル「jikenbo_data」が2つ表示されます)。

    ソフト起動確認
  3. インストールフォルダ内へ、ダウンロードして展開したファイルの中にある「jikenbo.accdr」をドラッグ&ドロップしてファイルを置き換えて下さい。(Windows の通常設定では拡張子[.accdr] は表示されません。)

    事件簿データファイルである「jikenbo_data.accdb」を上書きしないようにご注意下さい

    ドラッグ
  4. 事件簿ソフトを起動し、正常に動作すること及び、領収日・請求日等において5/1以降の日付を入力し、各書式の日付が「令和元年」と表記されることをご確認下さい(※Windowsにおいて新元号未実装の場合は平成と表示されます)。

事件簿クライアント版を合わせてご利用中の場合は同様に、プログラムファイルの置き換えを行って下さい(接続先・使用者情報の再設定が必要となります)。

このページの先頭へ