複数PCでの事件簿案件データ共同利用について

俺の事件簿は案件データをネットワーク共有設定することにより、事務所内にて同一の案件データを同時利用することが可能です。

俺の事件簿(メインプログラム)ご購入済のお客様向けに、メインプログラム案件データへの接続ソフト「事件簿クライアント版」の販売を行っております。

プログラムはインストールより30日間試用が可能となっております。動作確認及び利便性にご納得いただけましたら、以下よりご購入のお申し込みをお願い致します。

販売価格・・・39,800円(税込)

お問い合わせ送信フォーム内の「お問い合わせ詳細」へクライアントソフト購入希望とご入力のうえご送信下さい。振込先口座等をご連絡致します。なお、クライアントソフトは俺の事件簿(メインプログラム)をご購入された方のみへの販売となります。

現状、クライアント数にかかわらず1ライセンスでのご利用が可能です。将来的にはクライアントユーザー毎にライセンスが必要となる予定です。

本ソフトの著作権は、弊社に帰属します。改変・再配布等は一切認めておりません。
また、本ソフトに関して発生した損害については一切責任を負いかねます。ユーザー様の責任にてご利用下さい。

「俺の事件簿V1-2クライアント」 Access2010Runtime(32ビット)附属版 ダウンロード
(ファイルサイズ:200MB程度)

試用期限:インストールより30日間

事件簿clientソフトご利用方法

  1. サーバーPC又はメインで使用しているPCに通常版の事件簿をインストールし、事務所情報・予備データラベル・請求関係の初期設定を行って下さい。
  2. 事件簿案件データ「jikenbo_data.accdb」(通常はマイドキュメント内の「俺の事件簿V1-2」フォルダ内)について共有設定を行って下さい。ここではLAN環境の構築や共有設定方法については割愛致します。インターネット上に設定方法を解説したサイトが多数存在しますので、そちらをご参照下さい。
    ご参考までに
    MB-Support エムビーサポートさんのサイト。
    SONYさんのサイト
  3. クライアント側のPCへ「俺の事件簿V1-2クライアント」をダウンロードし、インストールを行って下さい。
  4. 「俺の事件簿V1-2クライアント」初回起動時に接続先設定画面が表示されますので「接続先設定」ボタンを押してネットワーク上のPC内にある共有設定済の「jikenbo_data.accdb」を選択し「開く」ボタンを押して下さい。
  5. 「データベースの接続先を変更しますか?」と表示されますので「はい」ボタンを押して下さい。
  6. 「事件簿データファイルとの接続が完了しました」と表示されますので「OK」ボタンを押し、ウィンドウ右上の×ボタンを押して「俺の事件簿V1-2クライアント」を終了して下さい。
  7. 「俺の事件簿V1-2クライアント」を再度起動するとサーバーPC側の事件簿案件データが表示され同時利用可能となります。
  8. ユーザーデータ(使用者情報、各種送付状記載)につきましてはクライアント側で個別の設定が必要となります。委任状・請求書記載の振込先情報・支払方法・請求明細テンプレートについてはメインプログラムのデータが使用されます。

バージョンアップについて

プログラムバージョンアップの際はメールにてご連絡を差し上げますので、新しいバージョンとのプログラム差替を行って下さい(接続先・使用者情報の再設定が必要となります)。

事件簿案件データ共同利用時の注意点

  1. 接続先データファイルは「俺の事件簿V1-2クライアント」の設定画面→その他タブ→接続先設定ボタンより再設定可能です。
  2. サーバーPC又はメインPCが稼働(電源が入っていない)していない状態では「俺の事件簿V1-2クライアント」を起動してもエラーとなり起動できません(稼働していればログイン状態である必要はありません)。
  3. MicrosoftAccessの仕様上、同時接続可能なユーザー数は概ね5人程度までとなっており、それを超える人数で同時接続については動作保証対象外となります。
  4. ネットワーク上のメイン側データを参照するためクライアント側のレスポンスは落ちます
  5. 同時に同一案件レコードを編集した場合、どちらのPCでの編集を保存するか選択するよう表示されます。

このページの先頭へ